パンケーキ作り。表面に気泡が出始めたら、ひっくり返し時。

今日は、セルクル型を使ったパンケーキをひっくり返す練習をしました。

 

コンロの火力は最小にして、じっくり焼いていき、表面に気泡が出始めたら、フライパンに接触している面は良い感じに焼けているようで、ひっくり返し時でした。また、油をしっかりひいておけば、フライパンからすんなり外れてくれました。セルクル型は背が高いので、フライ返しを使ってひっくり返す時に、セルクル型から生地がこぼれてしまいました。ここはまだまだ練習とコツが必要なようです。

広告 / Advertisements
レクタングル(大)広告

セルクル型を使ったパンケーキ(材料)

#材料グラム(g)カロリー(kcal)価格(円)
1ホットケーキミックス100355¥33
2卵1個6091¥20
3豆乳8037¥18
4キャノーラ油1092¥3
5はちみつ515¥6
(合計)255g590kcal¥80

カロリーと価格はおおよその値です。

セルクル型を使ったパンケーキ(手順)

・まずは、フライパンに油10gをひいて、セルクル型を、弱火で温めました。

・次に、ホットケーキミック100g、卵1個と豆乳80gをボールに入れて、さっくりかき混ぜました。

・温めたフライパンに生地を流し込みました。

・フライパンに蓋をして、コンロの一番弱い火で、ゆっくり焼きました。

・3~5分間ほど待っていると、生地の表面に気泡が出てきました。セルクル型を動かしても、生地がこぼれだすことはなかったので、裏面は焼けていると判断しました。

・ここで、フライ返しでひっくり返しに挑戦したのですが、生地が多少こぼれてしまいました。生地が大きな焦げもなく、良い感じに焼けていました。

・反対の面も3分間ほど焼いて、刺した爪楊枝に生地がついてこなくなった時点で、焼き完了。 型から取り出して、はちみつをかけて、完成。

・出来上がりは、パンケーキは、とにかく弱火でじっくり焼くことがポイントみたいです。また、ひっくり返すタイミングは、表面に気泡が出始めた時。油をしっかりひいておけば、フライパンからすんなり外れてくれました。セルクル型は背が高いので、フライ返しを使ってひっくり返す時に、セルクル型から生地がこぼれてしまいました。ここはまだまだ練習とコツが必要なようです。

広告 / Advertisements
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告 / Advertisements
レクタングル(大)広告